コンテンツ
■気になるところは?
・歯、歯ぎしり
歯ぐき
歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたい歯の..
トピックス
利用者の皆様へ
利用者アンケート
ご意見お問い合わせ
リンク集


歯・歯ぎしりメニュー


むし歯について
むし歯かな?
お口の構造
セルフチェック
治療について
抜歯について
予防
トリビ歯の泉
歯ぎしり

口の構造と名称

口は消化器の入り口です。食物を摂取し、咬んで、そしゃくし、えんげする機能をもっています。各部位の名称は、図の通りです。前方は口唇(こうしん)、横は頬、上方は口蓋(こうがい)、下は口腔底(こうくうてい)で構成されます。また、後方は咽頭(いんとう)へ通じる部分で囲まれた空隙です。
口腔底
前部を舌下部、後部を舌の二部にわけられます。
 
舌下部
狭義の口腔底で、普段は舌によっておおわれ、舌を挙上したときみられる部分です。唾液腺である顎舌腺、舌下腺の開口部が存在します。


「した」のことで、尖端部を舌尖、後方部を舌根、舌尖と舌根の間を舌体と呼びます。舌は言語の発音や食物のそしゃくに非常に重要な役目を果たしています。また、味覚器官の役割も果たしています。

口唇
くちびるのことです。上唇(うわくちびる)と下唇(したくちびる)にわけられます。
上唇小帯
上唇の内側正中部にある、歯肉との間の粘膜のヒダ。

下唇小帯
下唇の内側正中部にある、歯肉との間の粘膜のヒダ。

口蓋
俗に「うわアゴ」と呼ばれている部分のことで、口腔と鼻腔の障壁を形成しているところです。硬口蓋と軟口蓋にわかれます。
 
軟口蓋
硬口蓋の後方に連続する口蓋の後1/3の部分です。骨がなく柔らかい部分で、その後方では、口蓋垂を形成しています。
硬口蓋
口蓋の前2/3で、粘膜の下には、骨が存在します。指で押さえてみると硬い感じがします。

歯の構造

歯はエナメル質で覆われて通常歯肉より上に出ている歯冠と、歯肉の中に埋まっている歯根に分けることができます。歯冠と歯根の境界はややくびれていますが、ここは歯頸部と呼ばれています。また、歯周組織は図のようにセメント質、歯根部を覆っている歯根膜、歯肉、歯槽骨などからなっています。

歯の交換

大人の歯はいつ生えるの?

乳歯

アゴの骨の中で作られた歯は、ある時期になると、次々と歯ぐきを破って出てきます。生後8〜9カ月ごろ下の前歯(乳中切歯)から始まり、2歳半ごろ最も大きな奥歯(第2乳臼歯)の萌出で、上下10本づつ合計20本の乳歯列ができあがります。歯が生える時期や順序には、かなり個人差があります。歯の生えるのが遅くても知能の発達が遅れるなどということはありません。
 
永久歯

ちなみに、永久歯は早い子供で幼稚園の年長さん、つまり5歳ころから下の前歯が生え変わり始め、次に歯の中で一番大きく、咬むことに大切な奥の歯(第1大臼歯、6歳臼歯)が生えてきます。そして、小学校の6年生くらいまで永久歯が次々と乳歯と交換して永久歯の歯並びが完成します。
実際の歯を見てみましょう
乳歯 [上下10本ずつ計20本]
3歳         左の前歯をころんでぶつけてしまい来院しました
6歳     下の歯の永久歯が萌えてきました
混合歯列 [乳歯と永久歯が混ざっている時期]
9歳 前歯がV字に開いています
永久歯列 [上下14本ずつ、計28本(親知らずを除く)]
20代の方 きれいな歯並び、治している歯も少ない
70代の方 全ての歯がきれいに残っています

copyright