か行>
コンテンツ
■気になるところは?
歯、歯ぎしり
歯ぐき
歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたい歯の..
トピックス
利用者の皆様へ
ご意見お問い合わせ
リンク集
介護保険制度(かいごほけんせいど) 寝たきりなどで介護を必要とする40歳以上の人のために、在宅もしくは施設において、必要な医療福祉サービスを提供するための制度。
→厚生労働省ホームページ「介護保険制度について」 
改床法 義歯使用に伴う経時的な歯肉粘膜の形態変化に伴い、義歯の不適合生じた際に義歯床の粘膜面のみ裏打ちする方法を裏層法(リライニング)、義歯床ごと交換する方法を床交換法(リベース)という。両者を改床法(リベーシング)というため、通称として「リベース」として双方をさす場合もある。
外傷性咬合(がいしょうせいこうごう) 大きな虫歯、抜けた歯、合わないつめ物などを放置し、かみ合わせのバランスが悪い状態が続くと、特定の歯に必要以上の力がかかり、歯を支える歯周組織にダメージを与え、慢性的な歯痛を起こしたり、歯が抜けたりする病気。咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)とも呼ばれる。
かかりつけ歯科医 歯の治療、歯に関する相談、定期検診など、歯と口の健康を日常的にトータルサポートしてくれる身近な歯科医師、歯科医療機関のこと。
過蓋咬合
(かがいこうごう)
下の前歯がほとんど見えないほど、上の前歯が深く覆っているような不正咬合(噛み合わせが正常ではない状態)のこと。
顎関節症
(がくかんせつしょう)
物を噛むときアゴの関節が痛い、口が大きく開けられない、口を開け閉めするとき変な音がするなど、アゴ周辺の機能障害の総称。虫歯、歯周病についで多い口の病気と言われている。原因は噛み合せの異常や外傷、精神的ストレスなど様々。
顎顔面
(がくがんめん)
上下の歯と口を含むアゴ全体のこと。
顎骨骨折
(がくこつこっせつ)
転倒、交通事故、けんかなど、顔面を強打したときに歯を支えるアゴの骨が折れること。
架工義歯
(かこうぎし)
歯のない部分の両側の歯を削り、かぶせ物でつなげる治療法。ブリッジとも言う。
下歯槽神経
(かしそうしんけい)
下アゴの歯髄(歯の神経)、歯根膜(歯の周囲を取り巻く膜)に分布する神経のこと。
過剰歯(かじょうし) 人間に生える32本の歯(親知らず4本を含める)以外に生える余分な歯のこと。
可撤(かてつ) 取り外しができること。
窩洞形成
(かどうけいせい)
虫歯を取り除いたあと、修復する材料(つめ物)の特性に合わせて、削ったあとの形を整えること。KPとも呼ばれる。
仮封剤(かふうざい) 虫歯を削った穴に詰め物やかぶせ物が入るまで、一時的に穴を封鎖する(ふさぐ)治療材料のこと。
噛み合せ
(かみあわせ)
上の歯と下の歯の並び方、接触関係のこと。
カリエス Cries。英語で虫歯のこと。
カリエスリスク 虫歯の危険度のこと。唾液の量や質、口の中の細菌の種類や数などを調べるカリエスリスクテストによって、各個人がどのように虫歯を予防をすればよいか、ある一定の指針が分かる。
カリオロジ− 虫歯の原因と予防をさまざまな角度から研究する学問のこと。
仮歯(かりば) 前歯などを削ったあと、詰め物やかぶせ物が入るまでの間使用する仮の歯。テンポラリークラウン、テックと呼ばれることもある。
カルテ 検査結果などの医療記録や診療情報を記した「診療録」のこと。「診療記録」とも呼ばれる。
ガルバニー電流(Galvanic Current) 口腔内に異種金属が存在するとき、唾液や歯の内部の組織液が電解質となり電位差が生じ、電流が流れることをいう。この電流が、疼痛・違和感・金属の味を生む事がある。アルミホイルを噛んだり、時々スプーンやフォークが歯に当たった時、嫌な感じや変な味がするのはこのため。
観血的処置
(かんけつてきしょち)
抜歯(ばっし)など、出血を伴う外科的処置のこと。
鉗子(かんし) 抜歯(ばっし)などの際に使われる治療器具。
甘味料
(かんみりょう)
食品に甘味を与える調味材料。植物などから抽出精製される天然甘味料と、化学的に合成された人工甘味料に大別される。→キシリトール
気腫(きしゅ)・顔面気腫(がんめんきしゅ) 皮下組織(皮膚の下の組織)に何らかの原因で空気が入り、顔などが張れること。胸部にあった気腫が顔面まで及んだときや、顔の骨を骨折したとき、ごくまれに歯を削る機械から出る空気が、顔の皮下組織に入ったときなどに起こる。
楔状欠損
(きつじょうけっそん)
唇側の歯頚部に凹状にくぼんだ欠損状態。複数歯に連続して見られることが多い。以前は、強い力や研摩材でブラッシングすることのみが原因として考えられていたが、現在では過度の咬合によって歯頚部の歯質がもろくなり、それをブラッシングではがしているとも考えられている。
基底結節(きていけっせつ) 前歯の舌に面している側で、歯ぐきに近い盛り上がった部分のこと。
臼歯(きゅうし) ものを臼のようにすりつぶす奥歯のこと。上下左右合わせて小臼歯8本、 大臼歯8本の合計16本(親知らずを入れると20本)ある。
キュレット 主に歯の根についた歯石(しせき)を取り除くために使われる治療器具のこと。
矯正治療(きょういせいちりょう) 歯とその歯周組織、顎、さらにそれらを含む諸構造の不正な成長発育から引き起こされる不正咬合、顎の異常な関係を改善して、顎口腔系の正しい機能を営ませる。また同時に顔貌の改善を図ることによって心身の健康を目指す歯科治療。
頬側根
(きょうそくこん)
歯の根が2つもしくは3つに分かれている臼歯(奥歯)の、頬(ほっぺた)の側にある歯の根のこと。
局所麻酔
(きょくしょますい)
手術をする場所へ直接注射し痛みをなくす、体への負担が軽い麻酔法。
局部義歯
(きょくぶぎし)
部分入れ歯のこと。パーシャルデンチャーとも呼ばれる。
金合金
(きんごうきん)
金属アレルギーの恐れが少ない歯科用金属のひとつ。
近心(きんしん) 左右の中切歯(ちゅうせっし:一番真ん中の前歯)の接触点に近づく方向のこと。遠ざかる方向は遠心。
金属アレルギー
(Metal Allergy)
金属が感作原(原因)となって現れるアレルギー。歯科では、いろいろな金属(合金)を使う為、口腔内で、接触アレルギーが起こる事がある。一般的に、卑金属より貴金属の方がアレルギーになり難いと言われている。ちなみにアレルギーを一番起こしにくい金属はチタンである。
金属床
(きんぞくしょう)
入れ歯の床(土台の部分)に金やチタンなどの金属を使う入れ歯のこと。レジン床に比べて強靭であるため、面積を小さくまた薄くできるので、違和感が少なくなる。
金パラ 金銀パラジウム合金の略。歯の詰め物やかぶせ物によく使われる保険適用の歯科用金属の一つ。金12%、パラジウム20%、銀50%、その他の微量元素を含む。
技工士
(ぎこうし)
歯の詰め物やかぶせもの、入れ歯、矯正装置、マウスガードなどの製作を担う歯科医療の技術専門職。緻密で熟練した技術が求められる。歯科技工士になるには国家資格が必要。また、歯科医師の指示が無ければ技工を業と出来ない。
義歯(ぎし) 入れ歯のこと。
銀合金
(ぎんごうきん)
乳歯の治療によく使われる保険適用の歯科用金属の一つ。
クラウン 歯全体を覆うかぶせ物のこと。歯の神経治療などで削った部分が大きく詰め物ができないときに使われる。
クラウンマージン 歯とクラウン(歯全体を覆うかぶせ物)の境目部分のこと。
クラスプ 入れ歯を作る際、残っている歯に針金のようなバネを引っかけて入れ歯を安定させる装置のこと。
クレーター 歯間乳頭(しかんにゅうとう:歯と歯の間の三角形の歯ぐき)に見られる、クレーター状(噴火口のような)の陥没(へこみ、くぼみ)のこと。
クレフト 歯ぐきにできたV字やU字型の裂け目のこと。不適切な歯磨き、たまったプラーク(歯垢)、噛み合わせの異常などが原因で起こる。
クローズドロック 顎関節症(がくかんせつしょう:アゴ周辺の機能障害)が進んで、口が思うように開かない状態のこと。
グラスアイオノマーセメント 虫歯などの治療に使われる歯の詰め物のひとつ。他の詰め物に比べると硬さがやや劣るがフッ素が含まれており、虫歯の再発を防止する作用があると言われている。金属の詰め物やかぶせ物の合着剤としても使われる。
グルカン ミュータンス菌(虫歯の原因となる細菌の一種)が、ショ糖などをエネルギーとして作り出す、粘着性のあるネバネバした物質で、歯の表面にくっつき、プラーク(歯垢)となる。
グルコースクリアランステスト 虫歯になりやすい危険度を評価する方法の一つ。グルコース溶液(ブドウ糖)を1分間ほど口に含ませて吐き出し、口の中からグルコースが消えるまで、一定時間ごとに試験紙を使って測定する。グルコースが5分以内に消えれば、虫歯になりにくい。
グルコシルトランスフェラーゼ 虫歯菌が産生する酵素。この酵素がショ糖からグルカンというネバネバした物質を作り、これが歯の表面にくっ付いてプラーク(歯垢)となる。
ケイ素 体内の働きを調節する、人体に必要な元素の1つ。骨や歯、爪などを丈夫にするなどの働きを持つ。
KP 虫歯を取り除いたあと、修復する材料(つめ物)の特性に合わせて、削った形を整えること。窩洞形成(かどうけいせい)とも呼ばれる。
欠損(けっそん) 虫歯や歯周病など何らかの理由により、一本以上の歯がなくなってしまっている状態。
犬歯(けんし) 上アゴおよび下アゴの正中(せいちゅう:真ん中のこと)から3番目の永久歯。上下4本ある。
原因療法と対症療法 原因療法とは原因を取り除くことにより病気を治す治療法。 原因を取り除くため、時間も労力も掛かるが、病気の根源を断つことができる。対症療法とは、不快な症状(急性症状)を一旦和らげる治療法。患者さんが苦痛からまぬがれ、体力の消耗を少なくするなど、病気の治療に間接的に役立つが、 根本的な原因を除去しないため、必然的に症状は繰り返すことになる。 治療は対症療法と原因療法をうまく組み合わせてゆくことが大切。 特に歯科では、痛みがなくなると、来院されない患者さんがいるが、ここで治療をやめてしまった場合、 原因療法を行っていないために、症状が再発(悪化)することが多い。
コア(core) 歯の神経治療などで削った部分が大きく、詰め物ではなくかぶせ物(クラウン)で修復する際、歯の強度を保つために作られる土台のこと。使われる金属の種類によって、メタルコア、レジンコアなどに分けられる。
鈎(こう) 部分入れ歯(局部義歯)の維持安定のために用いられる金属の装置。金属線を曲げたり金属を鋳造して作る。クラスプとも言う。
口蓋(こうがい) 上アゴの上壁の部分。
口角(こうかく) 上唇と下唇のぶつかるところ。
口蓋反射 軟口蓋の刺激によって吐き気を催すこと。
口角炎 上唇と下唇の移行部分(口角)が、痛かったり、裂けて出血したりする症状が口角炎。ビタミン不足などでもなる。
口蓋裂
(こうがいれつ)
赤ちゃんの口の中(口腔)の上壁の部分(口蓋)が裂けて生まれてくる病気。軟口蓋裂、軟硬口蓋裂、唇顎口蓋裂に区別できる。唇が裂けている場合は口唇裂(兎唇)と呼ばれる。800〜1000人に一人の割合で発生する先天異常で、詳しい発生原因は分かっていない。
口腔悪習癖
(こうくうあくしゅうへき)
アゴの発育・形態や歯列に悪い影響を与えるような口腔及びその周囲に関係のある習慣をいう。弄(ろう)唇癖、弄舌癖、弄指癖、咬唇癖、咬爪癖、指しゃぶり、口呼吸などがある。
口腔カンジダ症 ほおの粘膜、舌などが白い苔状の物に覆われる感染症の一種。口の中や直腸の中にいる菌が免疫力の低下などにより炎症を起こし、発症すると言われている。
口腔ケア
(こうくうけあ)
虫歯や歯周病などの病気治療・予防、入れ歯の手入れ、ものを噛んだり飲み下したりする訓練など、歯と口から健康を維持、推進していく総合的な医療と介護のこと。
口腔外科
(こうくうげか)
口腔、顎ならびにその隣接組織に発現した先天性および後天性疾患、または外傷などを手術的手段によって治療する歯科の診療科目の一つ。
口腔前庭
(こうくうぜんてい)
頬(ほほ)および唇の内側の粘膜と、上下の歯との間にできる、馬の蹄(ひづめ)形の空間のこと。
口腔粘膜
(こうくうねんまく)
頬(ほっぺた)の内側など、口の中を覆う柔らかい組織のこと。吸収や分泌のなど機能を持ち、血管、神経などが分布している。
咬合(こうごう) 上下のアゴを閉じたときの噛み合わせのこと。噛み合せがおかしい(歯並びや、顎の位置関係が悪い)ことを不正咬合と言う。
咬合採得
(こうごうさいとく)
入れ歯やかぶせ物などを作る際、上下の歯の噛み合せの位置関係を決定すること。
咬合性外傷
(こうごうせいがいしょう)
大きな虫歯、抜けた歯、合わないつめ物などを放置し、かみ合わせのバランスが悪い状態が続くと、特定の歯に必要以上の咬合圧がかかり、歯を支える歯周組織にダメージを与え、慢性的な歯痛を起こしたり、歯が抜けたりする病気。
咬合調整
(こうごうちょうせい)
歯周病などでかみ合わせのバランスが悪く、特定の歯に必要以上の力がかかり、歯を支える歯周組織にダメージを与えている際、歯を少量削って慎重にかみ合わせを調整する方法。
咬合平面
(こうごうへいめん)
入れ歯などが作られる際、正しい噛み合せの基準として目安にされる、上下の歯が接する平面のこと。
硬質レジン 歯の詰め物やかぶせ物に使われる、硬いプラスチックのような複合樹脂。保険適用で広く使用されているが、磨耗や変色しやすいなどの欠点もある。
口臭(こうしゅう) 歯周病、舌苔(ぜつたい)、タバコのやに、にんにくなど強い匂いのある食事、ストレスなどによって発散される悪臭のある呼気のこと。
公衆衛生活動 人々の病気予防や健康増進のため、公私にわたりさまざまな形で行われる組織的な活動のこと。歯科に関しても、無料歯科相談、学校や施設での虫歯予防教室、母親教室、歯科健診、高齢者の方や身体の不自由な方への訪問歯科診療など、多種多様な公衆衛生活動が活発に行われている。
口唇ヘルペス 唇の周りなどに水泡ができる感染症の一種。ストレスや疲労、カゼなどで免疫力が低下したときにかかりやすい。
口内炎 口腔粘膜に現れる炎症性のできもの。できる場所によって、歯肉炎や舌炎、口唇炎と病名が変わる。
後発医薬品
(こうはついやくひん)
先発医薬品(せんぱついやくひん)の特許が切れた後に、先発医薬品と成分や規格等が同一であるとして、臨床試験などを省略して承認される薬のこと。ジェネリック医薬品とも言われる。→先発医薬品(せんぱついやくひん)
骨髄(こつずい) 胸や腰の骨の内部にあり、白血球、赤血球、血小板など血液を造るゼリー状の組織。
骨隆起
(こつりゅうき)
骨が過剰に発育することによって下アゴや口蓋(こうがい)にできる、非腫瘍性(ガンではない)のふくらみのこと。
コ・デンタルスタッフ 歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手、受付、看護師、栄養士、機能訓練士、歯科材料店など歯科医師とともに歯科医療を支える重要な役割を担うスタッフのこと。パラデンタルスタッフとも言われる。
コーヌスクローネ
(コーヌス義歯)
局部義歯(部分入れ歯)の一つ。針金を使わず、残っている歯に金属の冠(かぶせ物)をかぶせ、そのかぶせ物と入れ歯の装置とを合体させる方法。保険の適用はなし。
5分の4冠 歯の5面のうち4面を覆っているかぶせもののこと。
コンポジットレジン 前歯や奥歯の小さい虫歯治療などに使われる白いプラスチックの詰め物。複合レジンとも呼ばれる。保険適用。
根管治療
(こんかんちりょう)
むし歯が進み歯髄(歯の中の神経や血管などの組織)が死んでしまった場合に行う歯の根の治療。
根管充填
(こんかんじゅうてん)
歯の根の治療の際、歯髄(歯の中の神経や血管などの組織)などを取り除いてきれいになった歯の根の中に、細菌などが入らないよう栓をする処置のこと。
根尖病巣
(こんせんびょうそう)
虫歯が歯髄(歯の中の神経や血管などの組織)にまで感染し、根尖 (歯の根の先)に膿の袋ができること。

▲ トップへ戻る ▲

copyright