コンテンツ
■気になるところは?
歯、歯ぎしり
歯ぐき
・歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたい歯の..
トピックス
利用者の皆様へ
ご意見お問い合わせ
リンク集


歯並びメニュー


矯正歯科って何?
歯並びチェック
不正咬合の種類
矯正治療の期間と流れ
矯正歯科Q&A
矯正治療症例集
矯正に関する相談室
キレイは歯で決まる?!
< リストに戻る
Q 矯正治療を開始するのに良い年齢は?
A 以前は、「矯正歯科治療は小さいうちに」と考えられた事が多かったのですが、最近では技術や装置の進歩により、一概に何歳とはいえません。歯並びの症状は歯の生え方とアゴの骨格的問題の組み合わせにより症状が違います。治療期間や治療方法などはその症状や患者さんの希望により様々なので、歯並びや噛み合わせが気になる方はなるべく早く矯正歯科専門医に相談しましょう。
Q 大人でも矯正治療はできる?
A 大丈夫です。歯を支える歯槽骨が健康であれば、いくつになっても治療を受けられますのでご安心下さい。歯を動かす方法は、お子様の場合でも、大人の方の場合でも、いわゆるマルチブラケット装置(ブレース)を歯に装着し、それに負荷をかけることにより歯を正しい位置へと導く方法には変わりありません。
Q 歯並びは遺伝と関係ありますか?
A 歯並びの悪さは、遺伝の場合と後天的な要素で起きる場合があります。たとえば、指しゃぶりの時期が長かったり、爪や指を噛む癖、内分泌障害など、歯並びを悪くする要因は実にさまざまで、一概には言えません。
Q 歯並びを治すメリットは何ですか?
A 歯並びが悪い場合、直接的な影響は少なく感じられる方が多いと思いますが、歯並びが悪いと間接的に様々な悪影響を与えます。歯並びが正しくなると、審美的に美しくなるという外見的要素だけではなく、歯磨きがしやすくなり、むし歯予防や歯周病の予防が可能となります。また、噛み合わせの改善、維持、回復につながり、噛み合せのバランスが改善され、顎関節症などの予防になります。
Q 治療期間はどの程度かかりますか?
A 治療期間は、症状や治療方法により個人差がありますが、通常ワイヤーをつけてから1年半から3年程かかります。部分的な治療では、半年程度で終わる場合もあります。また歯を動かしても歯は元の状態に戻ろうとするので、きれいな歯並びを維持する保定期間が1年〜2年程かかります。詳しい治療期間や治療方法は、診断を受けた際にある程度決定しますので、先生の説明をしっかりと聞きましょう。また、矯正治療を受けるにあたって生活習慣の改善が必要になる場合もありますので、治療を受ける前に自分のライフスタイルなども含めて先生と良く相談するようにしましょう。
Q 矯正治療は痛いのですか?
A 歯の動きはじめに、通常痛みを伴います。痛みには個人差がありますが、歯が浮くような違和感や、噛むと痛いといった症状が現れることがあります。この痛みはずっと続くわけではなく、装置をつけて2日目くらいがピークで1週間は続かないようです。しかし、どうしても痛みが治まらない場合には鎮痛剤を服用する場合もありますが、次回の来院からは最初ほどの痛みはありません。また、装置の違和感に慣れるのには2週間程かかり、治療が進むにつれこの感覚も和らいでくるようです。
Q 矯正治療には、どんな装置がある?
A 矯正治療に使用する装置は大きく分けて固定式のものと取り外しできるタイプの2種類があります。固定式のマルチブラケット装置は様々な種類があり、その患者さんの症状や要望によってつける装置が変わってきます。
マルチブラケット装置の代表的なものは以下の3種類があります。
1.金属の装置: 一般的に知られている金属を使用している装置です。
2.透明で目立たない装置: プラスチックやセラミックなどを使用した装置があります。いずれも、金属の装置と比べ審美性に優れています。
3.裏側につける表から見えない装置: 歯の裏側に装置をつけます。表からは見えないので、審美性には優れています。しかし、最初の頃は発音しにくいなどの違和感があったり、金額的にも表側につけるタイプより若干高いなどのデメリットもあります。
Q 認定医、指導医って何ですか?
A これは、日本矯正歯科学会認定医制度にもとづくものです。
矯正歯科医療に関し、適切・十分な学識と経験を有する歯科医師を学会が認定します。学会が指定する研修機関(大学病院等)において、5年以上の矯正歯科臨床経験を持ち、学会の審査に合格したものが「日本矯正歯科学会認定医」となります。さらに12年以上矯正歯科診療に専従し、研修機関にて3年以上の教育・研究にあたったものが「指導医」となる資格を持ちます。
03年6月現在、認定医が2,077名で、そのうち500名強が指導医です。
Q 矯正歯科治療の費用は?
A 矯正歯科治療は、口蓋裂やアゴの手術を伴う特殊なものを除き、健康保険が適用されません。費用は症状・治療内容により異なり、また地域によっても異なります。相談や治療計画の説明の時に、納得のいくまでおたずねください。
Q 保険は使えますか?
A 現在の保険制度では、唇顎口蓋裂および外科治療を前提とした患者さんに関する矯正治療に関しては保険が摘要となります。唇顎口蓋裂の人の場合は、育成・更正医療機関の指定を受けている医院で治療されると、自治体から治療費の補助があります。アゴを切る矯正治療が保険でできる病医院は、顎口腔機能診断基準施設の指定を都道府県から受けています。矯正歯科医院は歯科医師免許を持っていれば誰でも開院できますが、育成・更正医療指定機関や顎口腔機能診断基準施設の指定には、いくつかの条件が必要なので、矯正歯科医院を選ぶときの一つの目安になると思います。それ以外は自費となり、医院によって金額が多少違います。納得のいくまで相談を受けて決めるようにしましょう。
Q アゴを切る矯正治療って?
A 上下のアゴの位置関係に大きなズレがあり、アゴの骨を切る手術をしないとしっかり噛むことのできない人に対する矯正治療はアゴを切る手術費だけでなく、矯正治療にかかる費用も健康保険の適用になります。保険本人(3割負担)の場合だと、自己負担分が30万〜45万の間くらいになる人が多いと思います。手術費は様々ですが、高額医療費の対象となりますので、自己負担金を超える金額については一度、支払って、後で還付を受けることになります。
Q 医療費控除について教えて?
A そもそも医療費控除とは、あなたやあなたと生計を一にする配偶者その他の親族が(1月1日〜12月31日)に支払った医療費を、その年の所得から差し引くことができる制度です。次の計算式によって計算した金額を控除できます。
 その年に支払った医療費の総額 ― 医療費を補填する保険金の等などの総額=A
 10万円と総所得金額の5%とのいずれか少ないほうの金額=B
 A−B=医療費控除額 (最高200万円)
▲ トップへ戻る ▲

copyright