コンテンツ
■気になるところは?
歯、歯ぎしり
歯ぐき
・歯並び
入れ歯
口臭
歯みがき
アゴ
いびき
その他
札幌の歯医者さん探し
解決なるほど歯科辞典
歯の救急箱
知っておきたい歯の..
トピックス
利用者の皆様へ
ご意見お問い合わせ
リンク集


歯並びメニュー


矯正歯科って何?
歯並びチェック
不正咬合の種類
矯正治療の期間と流れ
矯正歯科Q&A
矯正治療症例集
矯正に関する相談室
キレイは歯で決まる?!

手術が必要な顎変形症

24歳の女性です。「かみ合わせが反対で下アゴが出ていて曲がっている。食べ物がかみ切れない、歯並びがガタガタ」とのことで、矯正治療を希望し来院しました。検査の結果、「上顎骨の劣成長および下顎骨の過成長による骨格性反対咬合で下顎の左方偏位と叢生(らんぐい)を伴う。」と診断しました。
 歯並びのみの矯正治療では、噛み合せを作ることが不可能で、上アゴの骨や下アゴの骨を正しい大きさや位置にする外科手術を併用した矯正治療が必要でした。 外科手術では、上アゴの骨を前方に、下アゴの骨を後方に移動させました。手術自体は口の中から行うので、顔に傷は残りません。安全度の極めて高い手術で、すべて健康保険給付の対象です。治療後、患者さんの顔のバランスが改善し、良く噛めるようになり、笑顔も素敵になりました。

>縮小写真に戻る
正面
治療前
装置装着時
治療後
     
正面  
治療前  
 
治療後  
 

copyright