SASの合併症
(生活習慣病)

 SASは高血圧、心臓病、脳卒中、糖尿病などとともに生活習慣病のひとつとして知られています。放置すると生命に影響を及ぼすことがあります。
 最近では肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症の「死の四重奏」に「SAS」を加え、「死の五重奏」と言われることもあります。SASの重症の患者さんは合併症などのために、約4割の方が9年後に亡くなっているというデータがあります。それほどSASは生命に関係している疾患です。しかし、SASを治療することで「四重奏」を軽減できたり、予防することもできます。患者さんの中にはSAS治療をすることで高血圧のお薬を減量できた方もいらっしゃいます。適切な検査(終夜睡眠ポリグラフなど)を行い、ご本人にあった治療を行うことが大切です。

終夜睡眠ポリグラフ



copyright